本文へスキップ

アンティークポスター・リトグラフの専門ギャラリー

お問い合わせはTEL.03-3452-8411

〒108-0014 東京都港区芝5−29−16

五十三次名所図会 石薬師 歌川広重

大判錦絵 安政頃(1854-1860年)

広重が描いた五十三次といえば「東海道五十三次」(保栄堂)が有名ですが、その他にも各宿の名所を描いた「五十三次名所図会」や狂歌がかかれた「東海道五十三次」などいくつかのシリーズが製作されています。この作品は名所を描いた「五十三次名所図会」の一枚「石薬師」で、場所は現在の三重県鈴鹿市になります。


ゴッホも描いた「石薬師の桜」

ゴッホが1887年に描いた「タンギー親爺の肖像」のもこの広重の「石薬師」が描かれています。

右の写真が「タンギー親爺の肖像」であり、その右上に描かれている絵は広重の「石薬師」をモデルにしたことがわかります。この特徴的なサクラは広重の浮世絵では「義経さくら範頼の祠」と書かれており、現在の「石薬師の蒲桜」と思われます。