本文へスキップ

アンティークポスター・リトグラフの専門ギャラリー

お問い合わせはTEL.03-3452-8411

〒108-0014 東京都港区芝5−29−16

名所江戸百景 亀戸梅屋敷 歌川広重

大判錦絵 安政4年(1857年)

梅屋敷とは伊勢屋喜右衛門の別荘「清香庵」の別名で、庭に梅が沢山植わっていたことから梅の名所として賑わいました。特に徳川光圀(水戸黄門)が命名したと言われる臥龍梅が有名で、まるで地を這う龍のようであり手前に描かれている梅がその臥龍梅とも言われています。


花さく梅の木 

上記の題「花さく梅の木」はゴッホが1887年に描いた右図の作品の題名で広重の「亀戸梅屋敷」を模写したものです。構図はほぼ同じですが色彩や画面の左右に漢字による枠を加えいます。