本文へスキップ

アール・ヌーヴォーやベル・エポックの絵画専門ギャラリー

お問い合わせはTEL.03-3452-8411

〒108-0014 東京都港区芝5−29−16

アルフォンス・ミュシャMUcha

アール・ヌーヴォーの寵児

ミュシャの描く躍動感にあふれる女性の髪、その背景を彩る花々、さらにその髪や花が、平面でありながら見るのものに奥行きを与えています。日本でも大人気のミュシャはとても美しい作品が多く、美術館や画集でみるのとは違い、実際に手に取ると色や奥行きなど、まったく違って見えると思います。ミュシャはポスター以外にも、ポストカードや雑誌の挿絵なども手掛けているので、石版画を最初にコレクションしようと考えている人にもおすすめです。


 ミュシャの作品は現在店頭にて展示いたしております。  
 お気軽に画廊にお越しください。  
     
 ミュヤの挿絵やポストカードは壁にかけることも机に置くこともでき、とても人気があります。ミュシャは当時から挿絵やポストカードの製作に力を入れており美しい作品が沢山あり、絵柄も豊富です。
本物の美術品の良さをぜひでご覧ください。
 

ミュシャ略歴

 1860年チェコ、イヴァンチッチェに生まれる 
 1887年 パリに出て絵画を学ぶ
 1891年ポール・ゴーギャンに出会う 
 1894年 ジスモンダのポスターを描き一躍有名になる
 1896年 最初の装飾パネル「四季」を製作、
この年よりシュンプノア社と独占契約を結ぶ。
 1897年サロン・デ・サンにて2回目の個展を開催 
 1900年パリ万博にてボスニア=ヘルツェゴビナ館の装飾を担当
 1904年この頃よりたびたびアメリカに出かけパリでの作品は減る 
 1910年 チェコに戻り、活動の拠点とする
 1911年  ヒヤシンス姫のポスターを製作
 1916年  スラブ叙事詩を描き始める 1926年に完成
 1939年  プラハにて79歳の生涯を終える