5種類のシャノワール

5つある「ル・シャノワール」のポスター

通称「ル・シャノワール」とよばれるこの作品は日本では「黒猫一座の巡業」とも呼ばれます。
描いたのは、猫の画家として有名なテオフィル=アレクサンドル・スタンラン、スタンラン(1859~1923)はスイス生まれの画家ですが、主な活動はパリで行っておりました。日本ではあまりなじみのない画家ではありますが、フランスでは大変に有名な画家で、とくにこの作品「ル・シャノワール」はパリでも大変人気でお土産屋さんなどでも数多くのグッズが販売されています。

スタンラン「黒猫一座の巡業」シャノワール



さて、今回はこの有名なポスターがなんと5種類もあることを紹介いたします。

5種類のシャノワール


特にパターンA1とA2の違いは分かりにくいと思いますので説明したいと思います。

まずこれらの作品はすべて1896年のオリジナルの作品で、用途が違います。

パターンA1は赤枠のRodlphe Salis の右上がDEになっています。
 近日上演 ロルフサリのシャノワールの巡業  

パターンA2はA1のDEがAVECになっています。
 近日上演 ロドルフサリとシャノワールの巡業

パターンA3はProchainementの文字とTourneeが抜けほかの内容になっています。
 1896年 キャバレー シャノワール再開

パターンB1はProchainementの文字が大きくなり、Chat Noirの字体も変わり、内容が増えます。
 近日上演 かの有名なシャノワール一座

パターンB2はB1のProchainementの文字がCe Soirに代わり、AvecがDeになります。
 今夜の演目 かの有名なシャノワール一座


ポスターだけをみるとシャノワールの演劇も広告のようですが、実はこのポスターたちはパリのモンマルトルにあったキャバレー「シャノワール」の広告なのです。

しかしキャバレーなのに巡業?シャノワール一座?

このことは「ル・シャ・ノワール」のポスターについて書いてきましたが、キャバレー<黒猫 シャ・ノワール>についても説明しなくてはなりません。

キャバレー<黒猫 シャノワール>は、酒造メーカーの息子で画家でもあり、ボヘミアンであった、ロドルフ・サリが1881年にモンマルトルの丘に作った酒場、場所はモンマルトルと、パリの北のある丘で、映画アメリの舞台にもなったところです。もともとモンマルトルとは、敬虔な修道僧が入植し、「殉教の丘」モンス・マルティロムからきています。これが18世紀には場末の色町となり、ロートレックなど芸術家などが集まるようになりました。

このモンマルトルのロシュアール通り84番地に芸術家のための酒場を作り自分の実家の酒を売っていたのが「シャノワール」の始まりです。店名はエドガー・アラン・ポーの小説「黒猫」からとった、ちょうどサリが物件を見に来た時に黒猫がいたから、などと言われています。シャンソン歌手のアリスティッド・ブリュアンなどが歌い、大盛況したのですが、このロシュアール通りはモンマルトルのメイン通りでもあるので、地元の顔役などに疎まれ追い出されます。(ロシュアール通りとは今もムーランルージュのある通りです。)

追い出されたサリは、1885年にヴィクトル・マセ通りに規模も大きく3階建てで大々的にオープンしました。

ロビダ「シャノワール外観」

ヴィクトル・マセ通りのシャ・ノワール(アルベール・ロビダ)

ヴィクトル・マセ通りはロシュアール通りからも近く、(1,2本裏の通りになります)、引っ越しオープンはとても盛大に行い賑わったそうです。ここから10年間このシャノワールがパリの有名な社交場として全盛を誇ります。

しかしこの後1896年頃から経営が悪化し、キャバレー「シャノワール」の芸人を、フランスの地方や海外に巡業させます。
この地方巡業の広告が、今回紹介したスタンランの有名な黒猫のポスターです。色々な所で巡業したため、ポスターが演目が描かれていたり、今夜など、様々なパターンがあります。

しかし1年後の1897年にはロドルフ・サリも亡くなり、シャ・ノワールは閉店しました。


ここまで説明してきましたが、実はあのポスターは最初からお店の看板だったわけではなく、地方巡業のポスターだったのです。(ヴィクトリアアルバート美術館の説明だと、このネコはお店の壁に書かれていたみたいですが)

そしてパターンA3はお店そのものの広告で、街中に貼るポスターと、宣伝に配る用のチラシの2種類が存在しています。

>美術画廊「リボリアンティークス」

美術画廊「リボリアンティークス」

19世紀の絵画・版画・リトグラフなどアール・ヌーヴォーやアールデコの作品を多数扱っております、JR田町・都営三田駅徒歩4分、札ノ辻交差点角

CTR IMG